<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

高齢化と生活クラブ

義母はそれなりに食べ物にこだわりがあり、
いつのまにか美味しい物を売っている所を探してくる人である
買い物もまめにしていた

10年くらい前だろうか、近所のスーパーが閉店した
まもなく、メインの道路沿いにコンビニが開店した

最近、夫はよく帰省している
家電や大きな物、ちょっとしたものは夫が帰省の際に
車で買い物に出るようになった
義母もついにバイクは廃車にしてしまった
そうなると、もう、スーパーへの買い物は
とても大変なことになってしまう

最近、JR駅近くの大型スーパーに一緒に買い物に行った
昔は駐車場に入庫するのに大変であったが
週末というのにがらがらであった
中には人も少ない

先日NHKクローズアップ現代で買い物に行くのにバスを利用したりと
車で行くのもとても大変であるというのがあった
近くのお店が次々と閉店していて、
何キロか先の近郊のスーパーへ行くしかないのである
義母の所も郊外の団地であるが、事情は同じ・・・と思った

義母は、先日キャラバンをきっかけに生活クラブに加入した
戸配である
以前は班もあったようだが・・・
おもわぬきっかけの加入であった
早速、牛乳、卵を頼んだようだ

配達ルートとしては遠い場所かも知れないが
私にしてみればありがたい助け合いのように思える
感謝です

しかも、キャラバンをしていた人は、クミ-ズの人でした
こんなこともあるのですね♪
[PR]
by sakurahn | 2009-07-14 08:09 | つぶやき

合同防災訓練

近隣の自治会合同で防災訓練があった
e0145206_22531392.jpg

大規模災害時はご近所の助け合いがいかに大事かを強く思った

<煙の体験>
   火災で亡くなる方の多くは煙だそうだ
片手で鼻、口のあたりをおおい、片手で壁を探りながら低姿勢で
出口を探ることが大事である。
   白い、安全な煙でも体験してみると全く前が見えない。

写真テントの左の女性のように、
透明なごみ袋をかぶると、いくらかは楽のようである
人間は20%くらいしか酸素を消費しないので
それなりにもつようだ。

<消化訓練>
まず、「火事だ」と叫び
「119番通報してください」「消化器を集めてください」と指示を出す
   指示がないと誰かがしているだろうと通報が遅れるそうだ
それから
消化器のピンを抜く
取っ手を持って移動
ホースの先端をもつ(ホースが圧力で暴れないように根元を持たない)
レバーを握って消火する。または消化器を置いて上からレバーを押す

それでも消火できなければ安全な所へ避難する

<地震体験車>では阪神淡路地震の揺れを体験する
   昔はよく、火を消すと言ったが
今は可能であれば火を消す
大事なことは命の確保である。
つまり、頭を守るということである。
   頭をやられると、死ぬからだ
机の下などにもぐって、机の脚の下の方を持つ

阪神淡路のときは15万人が生き埋めになったそうだ
そのうち11万5千人は自力で脱出
3万5千人が生き埋めになった。
消防、警察、自衛隊などによる救出は30%くらいの約5000人
あとはご近所のかたが救出したそうだ

さいたま市は人口120万人、消防の方は1200人だそうだ。。。
[PR]
by sakurahn | 2009-07-06 22:58 | つぶやき