川口センター見学その3(午後の部)

午後からは、番号間違いの二次修正の続き
電話でひとつひとつ確認する

Hさんは、問い合わせのあったお宅へ説明に出かける
加入となる。やった~~

私はぎっくり腰のため、中座して、整体へ。。。。。
本部でブロック担当のSさんと合流する
ブロック会議が終わったので、その場で報告書を作成するSさん
e0145206_0265624.jpg

センターへ戻ると、掃除中であった。。。
e0145206_0295191.jpg
e0145206_030613.jpg

掃除が終わると、Hさんは本日加入があったのでPCへ入力する
配達があった職員さんは、今日、回収したOCRをそれぞれで確認する
購入品を配達したら、終わりではないのですね!!! m(__)m
e0145206_0352279.jpg

OCRの記入にボールペンを使用して、間違えて斜線をひいても、1と読み込まれる
それで、鉛筆を使用、間違えたら丁寧に跡が残らないように消す
季節品は必ず5桁である。3~4桁は上の方にあるのでそこ記入しなくてはならない
つまり、3~4桁の番号を記入しても、注文は確定しないのである
戸配の場合、牛乳の申し込みは1週目のみに記入する2週目に卵の横に1と記入しない
以上等々、1件、1件、なるべく、遅い時間に電話をして確認する。連絡がとれなければお手紙をつける、それでも連絡がなければ、カットとなってしまいます。。。
ついでに
農産物の返金のために連絡する場合、同封の紙をみて生産者を連絡するのですが
よく、個人名を知らせることが多いそうだが
あくまでも、会社名、組合名、など組織の名前を連絡くださいとのことです
不明の場合、生活クラブからの返金、つまり私たちのお金などからの返金となるそうです
Nさんがひとつひとつ、丁寧に説明してくれる
彼は指サックをしていて、さささっとOCRの枚数確認をしていた!!!

部屋の中は朝とは、違った緊張感であふれている
5時が終わりのはずだが、ほとんど全員皆、机についてそれぞれ事務処理に集中している
作業の合間にも電話は鳴り続け、
野菜が腐っていたとか、○○が配達されていないとか、
丁寧に対応している
まだまだ作業は続いているが、6時すぎ、私も夕食が気になるので帰宅する

この日は私にとってはいろんな思いのあった日であった
なにより、荷受けでありながら、最近は長いこと、職員さんと会うことがなかった
センターでは、清々しい顔をした職員さんが多かった
私は生活クラブが人生の一部となるくらい長いし、いろんな事があった
センターに見学にきたことで、職員さんもいろんな思いで仕事をされていることを知った
なによりいろんな作業があって、注文が確定し、また、消費財が購入できるのだが
そこにさまざまな作業と思いが紡ぎ込まれている
今度電話するにも、今までとは違った気持ちで電話するだろう
職場で仕事をする職員さん、消費財を購入する組合員、両方が同時に関わる委員会、理事会などなど
良い関係でやっていければと思ったのでした

川口センターのみなさん、一日おつきあいくださり、ありがとうございました
                                     行って良かった~~
[PR]
by sakurahn | 2008-07-05 00:26 | 組合員活動
<< 川口センターから牛乳の配達 川口センター見学その2(午前の... >>